MENU

新型コロナウィルス感染症対策について

当宮では、新型コロナウィルス感染拡大防止対策といたしまして、ご参拝いただきます皆様の安全・健康を考慮し、下記の対応を実施しております。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

【手水舎について】

全ての柄杓を撤去しております。筒より流れ出る水で、手水をお済ませ下さい。

 

【御祈祷について】

社殿の換気を十分に行い、マスク着用の上、間隔を開けて行っております。また、透明ビニールの衝立を置き飛沫防止対策をしております。

 

 

【お守り・お札・御朱印の授与について】

職員はアルコール消毒を徹底の上、マスク着用にて対応いたします。透明ビニールを付けて飛沫防止対策をしております。

 

※ご祈祷・授与品の受付時間は通常通り行っております。

コロナウィルス感染症の早期終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

合格祈願(ご祈祷)について ※コロナ対策

受験生の皆様におかれましては、入学試験に向け日々勉学に励んでいる事かと存じます。当宮ではコロナ禍の時局を鑑み、混雑を予想されるお正月のご祈祷集中を避け、早い時期でのご祈祷をお待ち申し上げております。合格祈願を始め、各種ご祈祷を随時受付しております。神社にお参りすることで、少しでも皆様の心の支えになり、見事合格されますようご祈念申し上げます。

ご祈祷のご予約はこちらまで

028ー678ー1138 【天満宮社務所】

コロナ禍のため来社できない皆様へ ご祈祷・お守りのご送付について

【御札御守御祈願の受付時間】

年間を通し、午前8時30分より午後5時まで受付け致しております。 尚、受付け時間以外にお越しになる場合は、事前にご連絡下さい。

【参拝者の皆様へ】

当宮では神職が少数にて社務をしており、外祭や集会などがございますと神社を留守にしてしまうこともございます。ご祈祷・お札・お守・御朱印を遠方よりお受けに来られる皆様には、事前にご連絡いただきご確認くださいますようお願い申し上げます。

<神職が不在時の対応について>

【 御 祈 祷 】

承ることが出来ませんので、事前にお問い合わせ下さい。

【 お守・お札 】

事務員がおりますのでお受けすることが出来ます。

【 御 朱 印 】

朱印紙(書入れした御朱印)での対応となります。

【神職不在予定日とその他のご連絡】

10月19日(火)午後3時~ 神職不在となります

★御大典記念事業(石段改修工事)完成のご報告

詳しくはこちら

《天満宮からのお知らせ》

★天満宮秋季大祭のお知らせ

『栃木のまつり100選』にも選ばれている天満宮秋季大祭。本年は、コロナ感染対策として祭典形態を変更して執り行います。

  • 期  日  令和3年11月23日(火)※勤労感謝の日
  • 日  程
時 間 内 容
9:00~ 還 御 祭
9:30~ 神輿渡御
11:00~ 大 祭
12:00~14:00 太々神楽奉納

※御神馬奉納神事・奉納子供相撲・農産物直売会は中止となります。

※当日は、コロナ感染対策と致しまして参拝者の方にも検温を行いますので御理解とご協力をお願い致します。

★祝七五三詣祈願の受付について

お子様の健康と無事成長に感謝し、さらなる成長を祈願する七五三詣祈願。本年は、コロナ禍でなかなかお参り出来ない方のために、長期に渡り受付を致します。ご祈祷につきましては、コロナ対策を講じておりますのでご家族揃ってご参列いただけます。

  • 期  間  年 内
  • 時  間  午前8時30分~午後5時
  • 受  付  社務所に直接お越しいただくが、電話にて予約受付を致します。
  • お問い合わせ 028-678-1138(天満宮社務所)

 

★奉納菊花展開催のお知らせ

当宮の境内にて、11月1日(月)~23日(火)まで『奉納菊花展』を開催致します。菊は皇室の紋にも使われている日本を象徴する花です。気品の有る美しい菊の花を是非ご観賞下さい。

 

 

★令和4年正月(年末年始)の臨時巫女及び男性募集について

年末年始の臨時巫女及び男性を募集しております。定員になり次第、終了とさせていただきます。

※男性につきましては、定員となりましたので募集を締め切りと致します。

  • 期  間 令和3年12月30日~令和4年1月7日頃まで
  • 時  間 午前8時30分~午後5時30分
  • 定  数 巫女7名程・男性1名
  • 年齢条件 高校2年生以上~大学生
  • お問い合わせ先 028-678-1138(天満宮)

★令和3年(辛丑)丑年記念『合格御守・御朱印帳』を新に奉製

天満宮の御祭神である、菅原道真公がお生まれになった年の干支は丑年(乙丑)となり、令和3年の干支も同じ丑年(辛丑)となります。当宮では、丑年を記念致しまして「合格御守と御朱印帳」を新に奉製いたしました。道真公がこよなく愛した梅花の柄をあしらい、紅白2種類の合格御守と、可愛らしい御神牛が描かれた御朱印帳となります。

【合格御守】紅白2種類

 

 

 

 

 

 

 

初穂料:1,000円(1体)お申し込みはこちら

【御 朱 印 帳】

初穂料:2,000円(御朱印別)

天満宮の御朱印とオリジナル御朱印帳

天満宮では、御朱印並びにオリジナルの御朱印帳を頒布致しております。
御祭神と縁が深い御神牛と紅白の梅花が描かれたデザインで京都西陣織にて作成を致しました。

 

 

 

 

 

初穂料:2,000円(御朱印別)

期間限定御朱印

【神無月詣(10月)限定御朱印】

日 付:令和3年10月1日(金)~10月31日(日)

時 間:8:30~17:00

初穂料:1,000円(見開き2ページ)

 

【霜月詣(11月)限定御朱印】

日 付:令和3年11月1日(月)~11月30日(火)

時 間:8:30~17:00

初穂料:1,000円(見開き2ページ)

★『天神しおり』の無償頒布

御朱印帳をお受けになられた方に「天神しおり」を無償にて頒布いたします。枚数限定での奉製となりますので、無くなり次第終了とさせて頂きます。

 

★災難梨(無し)守で毎日笑顔でにっこり

天満宮が御鎮座する芳賀町は、県内有数のナシの産地であることにちなみ「災難梨守」を京都西陣織にて制作を致しました。
ナシをイメージした形と、淡い色の手のひらサイズに収まる可愛らしいお守です。
御神徳「怪我ナシ・病気ナシ・運気上昇間違いナシ」
お受け頂きます皆様が、毎日笑顔でにっこり生活できますこと間違いナシ。

初穂料 1,000円 お申し込みはこちら

《 天満宮の社務日誌》 

★注連縄用稲の青田刈りを行いました

天満宮敬神会の皆様により、御神田に植えた注連縄用稲の刈り取りと乾燥作業が行われました。全て手作業で刈り取りをしております。伝統文化の継承を目的に、若者の皆様にもご参加いただいております。

 

 

★竹島領土平安祈願祭を斎行いたしました

神道青年全国協議会創立七十周年記念事業といたしまして、日本海が安寧静謐となることを祈り全国の各御社頭にて”竹島領土平安祈願祭”が斎行されました。

 

 

★新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭が執り行われました

当宮にて『新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭』を斎行いたしました。神社に奉納された木製の『大太刀』を祓い清めて感染拡大を絶ち切り、新型コロナウイルス感染症の早期終息をご祈願いたしました。

 

 

 

 

《皆様からの感謝のことば》

※今年志望校・或いは資格試験に見事合格された皆様の合格御礼絵馬に書かれている、感謝のことばの一部をご紹介させて頂きます。

★無事に志望大学に合格することが出来ました。本当にありがとうございました。これからも勉学に励みつつ、親孝行していきたいと思います。(栃木県)

★無事に希望高校に合格できました。ありがとうございます。これからも勉強を怠らず大学合格を目指します。(栃木県)

★志望校に合格させていただきありがとうございます。これからも新たな目標に向かい頑張ります。(福島県)

★目標にしていた高校に合格できました。これから大変なことも増えると思いますが、あきらめずに頑張ります。本当にありがとうございました。(茨城県)

《天満宮の行事案内》

【毎月】

  • 月次祭        1日・15日
  • 縁日祭        25日

【10月・神無月】

  • 祝七五三詣祈願 10月1日~11月30日

【11月・霜月】

  • 祝七五三詣祈願 10月1日~11月30日
  • 奉納菊花展 11月1日~11月23日
  • 祝日祭(文化の日) 11月3日
  • 秋季大祭 11月22日・23日
  • 例大祭 11月25日

【12月・師走】

  • 終い天神 12月25日
  • 年越の大祓い 12月31日

各種ご祈祷ご祈願のご案内 (神社にての祈願)

入試合格 資格合格 就職祈願 学業成就 学芸上達 必勝祈願 合格御礼 厄除祈願 家内安全 交通安全 商売繁盛 方位除け 安産祈願 命名 初宮詣 七五三詣 無事成長 十三詣 健康祈願 病気平癒 良縁祈願 幸福祈願 社運隆盛 安全祈願

各種ご祈祷ご祈願のご案内 (出張にての祈願)

地鎮祭 起工式 上棟祭 竣工式 新築清祓 神棚入魂祭 宅神祭 創業始祭 火入れ式 安全祈願 操業安全 社運隆盛 井戸埋め戻し 工事安全 神葬祭 年祭

 

*上記以外にも様々なご祈願を受付け致しておりますので、お気軽にご連絡ください。