特殊神事

御神馬奉納神事『県指定とちぎのまつり百選』

秋祭に御神馬を奉納する神事で、江戸時代末期頃には行われ今も続いている古い祭りであります。この祭りは、氏子の7区域が順に当番を受持ち当屋を定め行うもの。祭りの内容は、当屋より先頭に氏子が猿田彦(天狗さま)に扮装し、おかめ、ひょっとこ、御神馬、真榊、当屋の主人、神輿、宮司、氏子総代、氏子達が行列をつくり、途中祝い餅を撒きながら天満宮に向かう。到着後、御神馬が社殿を3回駆け巡り終り次第、社殿正面で御神馬奉納の儀式が執り行われる。

願掛け撫で牛

天神様のお使い願掛け撫で牛

天神信仰の中でも、天神さまと牛とは切っても切れないものがあり、古くより様々な縁起・伝承を見ることが出来ます。 道真公は承和十二年六月二十五日乙丑の年に、ご生誕になり、延喜三年二月二十五日の丑の日に薨ぜられ、また「菅家聖廟略伝」には、菅公自ら遺言をされ、「自分の遺骸を牛にのせて人にひかせずに、その牛の行くところにとどめよ」とあり、その牛は、黙々と東に歩いて安楽寺四堂のほとりで動かなくなり、そこを御墓所と定めた、と書かれています。 ほかにも、天神さまと牛との関わりについて数多く見られ、道真公がいかに深く牛を慈しんでいたかも窺われます。 このようなことから当神社の境内には石造りの臥牛があり、牛の角をなでていく方、手を合わせていく方、鼻が悪いといって鼻をなで、足が悪いのでと足をなでていく方、・・・・・と多くの方々から「撫で牛」として信仰されています。

年間行事

<恒例祭のご案内>

1月 1日 新春特別祈願祭(1/1~1/31)
『合格祈願』『学業成就』『家内安全』『厄除開運』

*天神梅まつり(1/中~3/中) (早咲・本咲・遅咲)

【おみくじ結び風景】

1月25日 初天神祭 『合格祈願』

2月 3日 節分祭 『厄除祈願』
節分講社祭
『除災招福・家内安全』
(福撒き有り)

天満宮の梅は、早咲・本咲・遅咲が百本余り有り毎年1月上旬~3月中旬まで梅の香りを楽しめます。
1年に1度は参拝され梅の花を観賞してはいかがでしょうか。

2月第4日曜日 祈年祭
*太々神楽奉納(正午より)
(福撒き有り)

4月 1日 勧学祭

4月 3日 神武祭

6月25日 菅原道真公御生誕祭


*紫陽花まつり (6/25~7/下旬)

6月30日 夏越の大祓

*茅の輪くぐり神事

7月22日 祇園祭

10月 1日 七五三詣祈願祭  (10/1~11/30)

11月 1日 菊花展   (11/1~11/23)

11月23日 秋季大祭
『栃木のまつり100選』

*太々神楽奉納
(福撒き有り)
*御神馬奉納神事
*子供相撲大会
*農産物直売会

11月25日 例大祭

12月25日 古神札焚上祭

12月31日 年越の大祓

*茅の輪くぐり神事

◆月次祭  毎月 1日、15日

◆縁日祭  毎月25日

この他国の祝祭日

【お稚児行列・5年に一度の特別企画】